「イスラム国」過小評価していた

 アメリカのオバマ大統領は28日、シリアとイラクで勢力を拡大するイスラム教スンニ派の過激派組織「イスラム国」について、CBSテレビの番組で「(情報機関が)シリアで起きていることを過小評価していた」と語りました。

 イスラム国に対抗するイラク軍の能力を過大評価したのではないか、との見方にも「全くその通りだ」と認めています。

 シリアへの空爆については、敵対関係にあるアサド政権を利する恐れを認めながらも、、「イスラム国や(イスラム過激派組織の)ホラサーンは、アメリカ人を殺害しようとする差し迫った脅威だ」と述べ、空爆の必要性を訴えました。

 イラク戦争の時は、ありもしない大量破壊兵器を口実に派兵しましたが、イスラム国についてはバグダット付近まで迫られてようやく空爆だけを開始。どうにもバランスの悪い事です。国内世論もあって、今の所地上戦には参加していませんが、今後イスラム国の壊滅のためには参加せざるを得なくなるかも知れません。また、アメリカ人の犠牲者が増えて国内世論が変化すれば、大規模な作戦に打って出る可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です