長野北部で震度6弱

 22日午後10時8分頃に長野県北部を震源とし、長野市、同県小谷おたり村、小川村で震度6弱を記録する強い地震がありした。
 この地震で同県白馬村、信濃町で震度5強、同県中野市、大町市、飯綱町、新潟県糸魚川市、妙高市で震度5弱を観測しています。

 JR東日本やJR東海によると、この地震で長野、上越、東北、山形、秋田、東海道の各新幹線が一時運転を見合わせたと言う事です。また東京電力によると、運転停止中の柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市)の2、3、4、6号機の使用済み核燃料プールで警報が鳴ったが、水漏れなどの異常はなかったそうです。

 警察庁のまとめによると、23日午前時点での負傷者は39人、うち7人が重症との事です。

 また気象庁は23日朝、震源について精査をした結果、地震の規模を示すマグニチュードを6・8から6・7に、震源の深さを10キロから5キロに変更。さらに、今後1週間のうちに震度5強程度の余震が起こる可能性があるとして注意を呼びかけています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です