「えごま油」主成分量が3割の製品も

 国民生活センターが、「えごま油」について20社の商品を調べたところ、19社の商品では「えごま油」の主な成分である「αーリノレン酸」の量が、含まれる脂肪酸の約6割を占めたが、1社のものには3割程度しか含まれていなかったそうです。

 1社の製品については純粋な「えごま油」ではなく、ほかの油を混ぜている可能性があります。

 えごま油はシソ科一年草「エゴマ(荏胡麻)」の種を搾った油でαーリノレン酸を豊富に含み、健康に良い、認知症の予防になるとしてテレビ番組で取り上げられたのをきっかけに人気となり、放送直後にはスーパーの棚から関連製品が姿を消すほどでした。近所のスーパーでも、棚に「えごま油は欠品になっています、入荷時期は未定です」と言う張り紙が暫くの間貼られていましたが、最近では数種類のえごま油がズラリと並んで、いつでも買う事が出来る状態が続いています。

 人気商品には必ず偽物や不良品が出るものですが、20社中1社なら、少ない方でしょう。それに、人気も一段落付いたので、今後偽物が増える事は無い気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です