ウィキリークス、流出文書を公開

 「ウィキリークス(WikiLeaks)」は16日、昨年のサイバー攻撃で流出した映画製作大手ソニー・ピクチャーズエンタテインメントに関連するデータを公開しました。

 公開されたのは、昨年11月にソニーがサイバー攻撃を受けた際にも流出したデータで、3万287件の文書と、2200以上の社用メールアドレスでやり取りされた電子メール7万3132本など。全て、検索可能なデータになっています。
 これらのデータ、流出時には同社が製作した、アメリカ中央情報局(CIA)が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の暗殺を企てるという内容のコメディー映画『ザ・インタビュー(The Interview)』の公開が脅かされる事態となっていました。

 公開された電子メールの中には、頭を爆破する暗殺シーンについて修正を要求する経営側と、反対する制作側のやりとりなどが含まれていると言うことです。

 ウィキリークスは「大規模で秘密主義の多国籍企業内部の動きについて、なかなか得ることができない知見を提供するものだ」と説明しています。