東芝が決算発表を再延期

 アメリカの原子力発電事業で巨額の損失を出し、債務超過に陥っている東芝は14日に、綱川智社長が記者会見を開き、アメリカの原発子会社ウェスチングハウスを売却して連結対象から外し、海外の原発事業から撤退する方針を表明しました。

 会見中綱川社長は、2016年度4~12月期連結決算の発表を再延期、4月11日に行う事も発表しました。これを受けて東証は、3月15日付けで東芝株を上場廃止の恐れもある監理銘柄(審査中)に指定します。

 東芝は当初、2月14日に第3四半期の連結決算を発表する予定でしたが、ウェスチングハウスによるS&Wの買収に関しての内部通報などを調査するため延期していました。

 東芝はメモリー事業の分社化と株式の売却を決定していますが、海外の原子力発電所事業からも撤退となりました。

 家電部門、医療用機器部門を既に売却、さらにメモリー事業と海外原子力発電事業も売却して、東芝は今後社会インフラ事業を中心に、エネルギーや電子デバイス、情報通信の各事業に注力するとする成長戦略が綱川社長から発表されました。