アウディ、自動運転車市販化へ

 ドイツ時間の10日に開催されたアウディ年次報告会の中で、アウディの技術担当役員ウルリッヒ・ハッケンベルク氏が自動運転車を2017年に市販化すると明らかにしました。

 アウディは2014年10月に、スポーツモデル『RS7スポーツバック』の自動運転車で240km/hの高速で無人サーキット周回を成功させています。また『A7スポーツバック』をベースとした自動運転車のプロトタイプを開発。1月にラスベガスで開催された家電見本市「CES」の会場へ、シリコンバレーから約900kmの道のりを自動運転のみで走行するデモンストレーションを行い、世界で初めて公道での長距離無人走行を成功させました。

 スバルやボルボ、メルセデスベンツなど各社は、緊急自動ブレーキや前車追従クルーズコントロール、ステアリング操作に介入するレーンキープアシストなど、準自動運転技術を段階的に市販車へ投入していますが、明確に「自動運転(パイロット・ドライビング)」と銘打って市販化するのはアウディが世界初です。

 自動運転機能が搭載されるのは高級セダンの新型『A8』で、具体的には交通渋滞時の自動運転走行機能と、自動駐車機能。ハッケンベルク氏は「新型A8の登場により、パラダイムシフトを迎えるだろう」と説明しています。

 まだSFで登場するような、完全な自動運転車にはほど遠いようですが、2年後にはその最初の段階の車が市販されます。